髪の悩みの原因頭皮の汚れからきていませんか?

最初は シャンプーで髪質変えたり、髪の傷み 髪の広がり等 気になる悩みを解決するためにシャンプーを変えようと思っている人は非常に多いと思います。

 

いかがでしょうか?  

本当に変わってきていますか?

 

 

最初のうちは悩みが深くなるにつれ何度も変えてみることでしょう?

 

しかし

 

最初だけであまり変わらないと思い始めたときから

所詮こんなものかなと

諦めて 

 

 

後は ニオイがいいとか 流行りのボタニカル オーガニックとか自然成分天然成分がいいと感じて 変えるのが関の山ではないでしょうか?

 

それでとっかえひっかえしてシャンプー難民状態が続いている。

 

そんな人は多いように思うのですがいかがでしょうか?

 

実はそんな人も もう一度考えてほしい。

 

シャンプーやトリートメント&コンデショナーの目的は何でしょうか?

目的に沿ったシャンプー トリートメント&コンデショナー選びをすれば髪について自分が悩んでいたことを解決してくれるかもしれない  となれば

あなたなら考えるのではないでしょうか?

 

 髪は肌よりも年齢に影響する!

髪が綺麗であればその人は美しく若くよりきれいに見えます。

 

そしてそれは日ごろのヘアケア選びで決まってくるのです。

 

シャンプーの目的は先ずはこのような考え方で選ばないことです!

 

それは

 

①シャンプーは泡立ちが良いものを選ぶ方

②シャンプーは泡立ちが良いものが良いシャンプーだと思っている方

➂シャンプーをすすいでいる時に軋み感がいやで指通りの良いものを選ぶ方

④シャンプーを選ぶとき髪質タイプで選ばれる方

⑤仕上がりはとにかく髪がしっとりと考えている方

⑥ヘアケアはオールインワンタイプのものを選ぶという方

(時短で選ぶ方)

⑦コンデショナーやトリートメントはしっとりタイプを選ぶという方

 

ご自身の嗜好を否定するつもりはないですが上記で選ぶと結果的にはその時が良くて本来の頭皮の健康と髪の健康からは遠ざかる可能性があります。

 

シャンプー選びのポイントは

 

先ずは界面活性剤を改めることです。

シャンプーは全て界面活性剤が主成分です。

水と界面活性剤が主成分です。その界面活性剤そのものに問題があればやはりまずはそこから見直すべきでしょう。何故ならその界面活性剤こそが頭皮にはよくありません。

前ブログでも書きましたが従来の界面活性剤はどのタイプであろうと

どうしても皮脂を取りすぎ脂性の悪循環と頭皮の乾燥をまねきます。

結果として髪にも良くありません。

又どうしても液体になります。そうなれば乳化剤を入れるしかなくそれも問題です。化学物質になるので頭皮にはよくありません。

 

そう考えます。

 

まずはここで

 

頭皮と髪の悩みを考えましょう!

以上のような悩みが多いでしょう⁉

 

論より証拠で

 

そういう人に爽塩&潤塩を使ってもらいました。

 

 

あくまでも個人の感想ということでとらえてください。

化粧品である以上効果性の文言は限られていますので…あくまでも感想です。

しかし正直な感想として得られたのは間違いないことです。

 

さらに詳細はSNSでこんな投稿もあります。

くせ毛の人のうねりが気にならなくなったとの事例を見てみましょう!

 

この方はきついくせ毛ですね。少し縮毛気味です。

 

しかし使用後は明らかに髪がよりストレートになり髪も落ち着き纏まっています。

 

最近のくせ毛用シャンプーは大半リンスやトリートメント同様の

カチオン活性剤が入っています。

 

カチオン活性剤は+イオンで髪について残ります。その重さでのばすということですね。シリコンも入っているのが多いですね。最もシリコンは言われるほど問題ではありせんが…

カチオン活性剤の主なものは

ポリクオタ二ウムー10

ベヘントリモニウムクロリド

セトリモ二ウムプロミド

ステアリルトリモ二ウムクロリド

ステアリルトリモ二ウムクロリド

ベヘントリモニウムメトルサルフェート

以上です。

ノンシリコンなどを謳い文句にしているシャンプー剤は以上の成分がどれか入っています。

シリコンの代わりに手触りを良くするために配合します。

矛盾していませんか?シリコンが毛穴につまりよくないから配合しない。

その代わりに以上のカチオン活性剤を入れている。

当然頭皮に残りやすいカチオン活性剤ですから頭皮には問題がないということにはなりません。

そのようにおかしなことになっています。これが闇なのです。

残ったカチオン活性剤によって頭皮への刺激で何かしらの問題になる可能性は十分あります。

 

しかし海塩が主成分の爽塩はそのようようなものは入っていません。

あくまでも頭皮を健康にするための成分を主体にしています。

海塩は ①毛穴にこびり付いた皮脂を取り除ける

    ②しかしそれ以上に皮脂や水分をとり過ぎないので分泌異常を起こし

     にくい。

    ➂毛穴の塊の皮脂を取り除くので頭皮のすっきり感と翌日の

     べたつきが少ない夕方まで保ちます。

    ④海塩は汗腺を活発にする余分なものを体外に出す

    ⑤そのため頭がすっきりする

 

などなど 洗いあがりはそれが実感できます。

 

あえてまとめて言えば毛穴に詰まった皮脂を取り除きより健全にします。それこそが髪のうねりにもいい意味で影響することになるのです。

理由は下記写真と図でに記します。

下記の写真は爽塩 潤塩使用前と使用後の写真です。

頭皮の状態は使用前はすこし赤みがあり皮脂や汚れがついています。

アフターと比較しても毛穴は完全に綺麗になり頭皮の赤みも薄くなっています。頭皮状態は非常に良くなっていますね。

これを図で示すと下記のようになります。

               図でも示すように毛穴の皮脂がなくなれば髪は上方に向かって伸びます。そこで長い髪をイメージしてみてください。

上に向かった髪は物理的には横に広がらないで下方に落ちていきますから毛先は収まってきます。

 反対に根元が寝てしまうと落ちてくる髪は横に広がります。

爽塩配合のフコイダンでキューティ―クルを整えハチミツ スクワランで保湿

コンデショナー(潤塩)で海藻成分や天然のオイルで整えることができ    さらに纏まり艶を増すように作っています。

 

その結果としてうねりが少なく仕上がるのです。

 

 

潤塩はコンデショナーやトリートメントの主成分カチオン活性剤は入っていません。カチオン活性剤を入れると簡単に髪を柔らかくできますしまとまりも簡単ですが刺激が強いので頭皮ににはよくありません。髪だけつけると言っても

ロング以外は頭皮にもつけてしまいがちです。

従って

よくないと思われるものは成分配合しません!

 

コンデショナーやトリートメントはあくまでも自然成分で潤いと艶を与えることが重要です。(コストは当然かかります。)

そしてまとめるにはシリコンも適した成分です。

シリコンはそこまで問題視する必要はありません。

何故なら毛穴に詰まるほど多く入っていません。

むしろカチオン活性剤をコンデショナー&トリートメント及びシャンプーにまで配合する方がよっぽど問題です。

 

理由は先にも書いています。

 

カチオンのせいで髪の渇きも遅くなりドライヤーを使う時間も長くなります。

乾燥がひどくなりパサつくのはそれが原因だと思われます。

 

しかし爽塩&潤塩はカチオン活性剤は入っていません。そのため髪の渇きの速いことに驚かれるでしょう。

当然ドライヤ-の長時間使用もありませんから乾燥の負担は少なくなります。

 

そういう意味ではオーガニックやボタニカルよりも本当に頭皮や髪に良い成分を調べたうえでシャンプーなどのヘアケア製品などを選ぶことです。

 

この爽塩&潤塩での相乗効果で髪のくせやうねりも少なくなっていきます。

もう一つSNS爽塩&潤塩での結果のビフォーアフターを見てください。

 

こちらも結果は明らかでしょう‼

 

最後に 爽塩 潤塩の主な成分を紹介しましょう!

 

                   

爽塩の主成分は海塩が70%以上です。成分表示では最初の表示成分が海塩です。

通常のシャンプーは最初に表示されるのは界面活性剤です。そこがまず違います!

スタイリング剤やオイルをつけている場合はの界面活性剤で落とす以外ないのでそこはアミノ酸の頭皮に優しい活性剤を少量入れています。

又炎症を防止するグリチルリチン酸2k(甘草エキス)    

髪に対しては天然モズク成分フコイダンやハチミツ、スクワランなどで髪への感触 艶を高める成分を配合!あくまでもカチオン系の化学物質で感触を高めることはしていません。そう意味では自然 天然成分でできていると 

いっても過言ではありません!

         

      

       

                                                                                 潤塩はカチオン活性剤は入っていません!

これはあなたが考えているよりも非常に重要なことです。

カチオン活性剤は刺激が強く+イオンなので頭皮に影響しやすいのです。

残れば何らかの反応がるかもしれません。ここは強調しておきます!

べたつき痒みはここからきているかもしれません。

      

カチオン活性剤で髪の柔軟効果やしっとり感を作るのではなく自然のオイル ホホバ アルガン シアバター マカデミア カラスムギ穀粒油などで艶と感触を高めており艶感アップにはシリコンオイルを配合しています。

又フコイダンやウスバアオノリエキス等6種類の海藻成分でキューティクルを保護し整えます。

こちらもできる限りの自然天然成分をメインに作りました。

そのため非常に艶のあるまとまりのある髪に仕上げることが可能になり乾燥

ぱさつきにも十分に対応できます。

仕上がりはオイルがいらないほど艶とまとありあるヘアスタイルに仕上げることができます。こちらも説明通りヘアスタイルの仕上がりはこんな感じです。

 

根元のボリューム感毛先のまとまり艶が全く違うことに気づかれるでしょう!

この方は敏感肌で現在使っているシャンプーしかダメという方でしたが爽塩

潤塩の使用後全く問題なく いまでも使い続けておられます。

以前は3,000円以上の高級シャンプーをお使いでした。

ビフォーアフターの違いは明らかではありませんか?

誤解ないようにしておきます!

 

この仕上がりはご本人にしていただいています。

あくまでもセルフでご自宅でされるようにしていただいています。

 

ここがポイントです。再現性が大事なので他の人の手が入ることではなくご自分で仕上げてもらいまいした。

 

 

以上がスカルプシャンプー爽塩&ヘアコンデショナー潤塩です。

2つの相乗効果でヘアスタリングまでが楽しめるヘアケア商品なりました。

 

シャンプーとコンデショナーでヘアスタリングが持続でき楽しめます!

シャンプー&コンデショナー (トリートメント)でここまで変わります!

          これぞシャンプー革命!

 

        

 

         

 

 

 

 

コメント

0 コメント

コメントを書く